スパム料理の研究=コメディの追求の記事一覧

2008.11.01

スパムむすび知ってましたか?

人生、はじめてからわかることって、案外おおい。

最近の私の例で言うと、
これは文句なしにスパムの奥深さということになる。

モンティ・パイソンつながりというだけで、
新しくオープンするカフェにはスパム料理を置くと周囲に宣言してしまった。

そのてまえ、調べ始めたスパム料理のこと。

単なるポークのランチョンミート、安ハムだとたかをくくっていたら、
意外なほどに多様で深かった。

※ウィキペディアですが、こんな感じに載ってます。

まず、笑ったのは、ハワイの大衆食だという、SPAM MUSUBI。
つまり、スパムを具にしたおむすび。

スパムむすびメーカーというものもあって、
スパム付きで売られており、買ってしまいました。

spamusubi
パッケージに踊る、NEW! QUICK! DELICIOUS!

新しい!速い!ウマい!の文字(微笑)

スパムすむび。

これは定番メニューにしなければいけないと直感。

明日から練習と、
アレンジに取り組もうと思うのでした(笑)

2008.10.27

VEDETTとSPAM。お見合い。

モンティ・パイソン大全」という本を
30歳の時に書いてしまったせいなのか、



友人・知人たちから、
slow comedy factory@下北沢のメニューには、
「やっぱりスパムが入るんだろうね」
・・・という問い合わせが少なくない(微笑)

スパムといえば、缶詰のランチョンミートだが、
ネット社会になって「スパムメール」という言葉が
使われるようになったのは、
モンティ・パイソンズ・フライングサーカスの次のスケッチのせいである。



そんなスパム。
味や好き嫌いはともかく、
おもしろいのでメニューに加えることにした。

うちの看板娘、ベルギーの白生VEDETTとの2ショット。

20081027133832
缶の写真のように、
ハワイには、スパムの寿司があるらしいが、

果たして、この二人、うまくいくのかどーか。

ベルギービールに合うスパム料理。