2010.8.23

8/29(日)は「onときたま」撮影大会!

こんにちは!ビアバー担当ヤマサキです〜

8/29(日)にコミュニケーションアーティストである
ときたまさんがスロコメを来訪します♪

彼女自身が16年に渡り発信し続けている「言葉」(ハガキに書かれています)
の中から、気に入った一枚を選び、30秒ほどコメントする模様を収録するイベントです。出演希望者はもちろん、その様子を見たいだけという人も大歓迎です!

言葉の一覧はこちらから見ることができます。(映像)
2010年、最近まで展示会をしていた新宿ベルクさんのブログより。
http://zoome.jp/whiteproduction/diary/301/

ときたま(土岐小百合)さんに初めてお会いしたのは、5月に横浜のBankARTで開催された「ときたま1993-2010 コトバノチカラ」でのコト。

スロコメにたびたび来てくれるお客様からときたまさんの展示のことを聞き、「ぜひ見てみたい!」との思いからBankARTにお邪魔しました。
コトバの渦、渦、インパクトの強いコトバに打たれ、軽い目眩を感じたことを覚えています(笑)

展示会の紹介記事(ヨコハマ経済新聞)
http://www.hamakei.com/headline/5074/

展示会の模様
http://picasaweb.google.com/yokohamalab/qVMPRF#

ちなみに、ときたまさんの肩書き「コミュニケーションアーティスト」は、どういったコトを意味するのか、正確なところはよく分かっておりませんが、スロコメも「出会い」と「コミュニケーション」をテーマとするところは何かときたまさんとの出会いも、運命めいたモノを感じてしまいます(笑)

なお、今回のイベントでは、ときたまさんのご好意で、夕方前の16時と早い時間から深夜まで、会場である下北沢のスローコメディファクトリーにいらっしゃいます。

8月最後の夏の思い出に、スロコメで特別な時間を過ごされてはいかがですか?

以下、ときたまさんにいただいたイベント告知文です。

> onときたま撮影大会@下北沢スロコメ
>
> 気になるときたまにコメントをする映像「onときたま」の撮影大
> 会を下北沢の交流と創造の飲み屋カフェ「スローコメディファクト
> リー」で行います。スロコメで、ビールマイスターをやっているヨガの
> 先生でライターの山崎義高さんと知り合って、すっかり意気投合し、撮
> 影大会をやることにしました。
> 世界各地のビールを飲みながら(他のお酒もあります。コーヒー紅茶も
> あり)、おつまみ食べながら、コトバを見ながら、ゆるゆるとおしゃべ
> りしましょう。
> 気が向いたら、映像にも出てね。(映像については、詳しくは下記に)
> 皆様のお越し、お待ちしています。
>
> 8月29日(日)
> 16:00〜深夜
> slow comedy factory
> 世田谷区北沢3−23−23−101(下北沢駅から徒歩5分)
> 電話 03−6751−3426
> http://slowcomedyfactory.oyucafe.net/
>
> 映像『onときたま』参加のお誘い
>
> 「記憶力がないので何度でも楽しめる」「確信速度」「きすすき」
> 「セックスの1回は何が1回」「最後だと思ってやる」……。
> 私は毎週ことばをハガキに刷って出しています。
> ことばのスナップショットです。
> 17年以上やっています
> 770枚以上あります(ときどき休んでの毎週です(笑い))
> サイトをみていただけると、少し分かるかもしれません。
> http://www.tokitama.net
>
> 今まで出したハガキを全部持っていき、中から1枚気になるものを選ん
> でいただき、30秒くらいコメントをいただく映像を撮っています。
> いままでに0歳から90歳まで、職業不問、650人以上が参加して下
> さっています。何語でもオーケーです。
> 30人くらい集まったら、1本に仕上げ、上映会をしています。

ときたま

写真:鈴木理策



「onときたま」撮影大会@下北沢スロコメ
■詳細
会場:スロコメ
時間:16〜深夜まで(最長24時)
料金:チャージなし。飲食は別途、キャッシュオン。
使用写真:鈴木理策



コメント/トラックバック 

トラックバック用URL:

この記事のコメント・トラックバックRSS

コメントする

管理人にのみ公開されます。

使用できるXHTMLタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>