2010.8.21

8/26(木)は「サイレントツイ飲み」をスロコメで開催!

どーもー!ビアバー担当やまさきです~

ツイ昨日のことですが、
ツイうっかりと朝から仕事もコレといってなく
ツイうっかりと「海行きてえ!」と思い立ち
ツイツイ三浦海岸に行ってまいりました。

海、サイコーでした!

さっきからツイツイと連呼するのにはワケがあるんですと
前フリするのもアレなんでもういいんですが

ツイッターってご存知ですか?
●ツイッター
http://twitter.com/

「呟く」という行為のみでコミュニケーションを図る。
というか、まあ一方的に好き勝手に呟くうちに
「呟き」が「呟き」に呼応することで
何となく、コミュニケーションできちゃうカモ!
という感じのウェブサービスでございます(非常にテキトウな説明)

ですが、これにハマったという人が続出。
とくに、今年に入ってからのユーザーの爆発的な増加は、
サーバーが加重に耐え切れなくなったときに表われるエラー表示としての
「くじら」が阿佐ヶ谷の七夕祭にも登場したことは
記憶にも新しいところ。
http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-226965/

で、そろそろこのダラダラとした前フリの目的について
記しておきたいのだが、それが「サイレントツイ飲み」だ。

サイレントツイ飲み
・・・
柄にもなく、いまさらツイッターの説明をしたのは、
「サイレントツイ飲み」のイベントをやるよと言われても
まずほとんどの人が「???」と思うと予測してのことだ(笑)

それくらい、このイベントの目的や主旨について説明するのは難しい。。。
でも、この取り組みは何となくオモシロイような気がする。
発端は、「下北沢ブロイラーSNS」という
地域特化型のウェブコミュニティを運営している黒田さんが
下北沢のスロコメで何か面白いイベントをしたい。
訪れた人を楽しませたい!と企んでいた時のことである。

「ゲーム的な要素で」「笑いを起こすには逆に抑制する仕組みを」

などなど考えるうちに何となく出来上がってきたイベントだ。

喋ること、笑うことでさえも禁じる空間の中で
人はどういった表情を見せるのか?
その中からどういった反応が生まれるのか?
そのある意味、緊張した状況から開放された瞬間に
人はどのようなコミュニケーションをするのか?

そのあたりに思いを馳せながら
当日、色々な人が興味半分に訪れていただけることを
願って止みません。

イベント詳細については(予約も)コチラをご覧ください。
http://ymkx.net/2/2010/08/stwinomi.html

続けていくうちに、何だかクセになるようなカンジだと良いなと思ってます。

とてもスロコメっぽいイベントでもあり、
これまで何となく訪れていないような方にも
ぜひ気軽に遊びに来ていただければと思っています。

どうぞゆるしくお願いいたします。



コメント/トラックバック 

トラックバック用URL:

この記事のコメント・トラックバックRSS

コメントする

管理人にのみ公開されます。

使用できるXHTMLタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>