» スロコメとは

9月からニュー・スロコメ。下北若者カルチャーと被災地復興応援をテーマにさらにゆるくしっかり動きます♪

☆9月からは、
全国の若者カルチャーと
被災地復興をゆるくしっかり応援する
「ニュー・スロコメ♪」
(「ニュー」には頭の中で昭和歌謡のエコーをきかせてお読みください)

2008年10月、リーマンショック発生直後という最悪のタイミングでうっかりオープンしてしまった(笑)
下北沢のスロコメ(スローコメディファクトリー)。

微妙な時期だったにも関わらず、
足を運んでくださる皆さまのおかげで、
「スローな笑いの」工場という名の通り、
愉快な人と人がつながり広がる、
おもしろアイディアがじわりとふくらむ、
ユーモアあふれる多様なライブやイベントが目白押し、
コメディ感が泉のように湧きまくる店として、
ぼちぼちいい感じになってきています。

40名でいっぱいの小さなスペースですが、
ここ(と、経堂さばのゆ)でライブ/イベントを繰り返し、
いい感じに育ったコンテンツ/パフォーマーは数多く、
日本モンティパイソン宣言など、
いろんな面白いことのインキュベーションに成功してきたと思います。
下北沢の外れにも三年ですね。

スロコメの半年後に
お隣にオープンした松尾貴史さんの美味しいカレー屋さん
パンニャは行列のできる人気店になってます。
コメディ以外の活動では、昨年、口蹄疫被害にあった宮崎の応援イベント。
風評被害を防ぐ動画CMは、スロコメでも公開録音しました。

いろんないい人の輪に缶謝感謝です。

西郷輝彦さんバージョン。
宮崎応援リレー「助け合いまひょ!」Part 2 西郷輝彦さん編


松尾貴史さんバージョン。
宮崎応援リレー「助け合いまひょ!」Part 1 松尾貴史さん編

2011年3月の大震災以降は、
以前から付き合いのあった石巻の木の屋石巻水産さんの復興支援や、
全国の地域の町おこしなど、ソーシャルな動きの拠点にもなっています。

この南信州ぷち物産展も楽しい人がたくさん集まりました。

これは震災1ヶ月後くらいの取り組みです。
木の屋石巻水産が震災後初の商品を開発


この10月。そんなこんなの3周年。これから4年目というわけで。
スロコメは、じわりと次の流れのために変化することにしました。
これからのスロコメは、
「下北沢の若者カルチャーと全国の被災地を応援する」をテーマにする
スローコメディ感のあるファクトリーとして、
どんどんテーマをしぼっていこうと考え動きます。
被災地応援については、
石巻の木の屋石巻水産さんの缶詰や復興商品など、
全国の被災地のおいしいものが味わえ+買える
ニュー(昭和の香り)木の屋カフェとして、
多士済々の方々と愉快に営業。
おいしいカフェ営業とイベントをどんどんしまくります♪


若者カルチャー応援については、
下北沢の小劇場が生んだ怪優・池田鉄洋さんも所属する
下北沢を愛する事務所アスタリスクさんと賑やかにいろいろプロデュース。
冷え込みがちな時代に逆行して、
熱くおもしろいライブ/イベントを盛り上げていきます。

ここが大切なことですが、
カフェ営業/イベント/ライブの収益の一部を
3月から継続的に行っている被災地支援の活動資金に充て、
さらにアクティブに動きます。

福島県・南相馬市へ物資(飲料水1トン)の支援
福島市、石巻へのある週の支援

9月を助走期間として、
And Now for Something Completely Different の気持ちを大切に、
そんなこんなの新しいスロコメを、どうぞゆるしくお願い申し上げます。

遊びにきてくださる皆さまにとって、
さらに面白いこと新しい出会いが起きる場所であり続けるよう、
ゆるくしっかり努力を続けていく所存です。